2008年03月03日

転職地域情報について

転職先を探すときには地域は重要です。インターネットや転職情報誌などを使って、転職先を探すときも地域を絞って探す人がほとんだと思います。

希望する地域によって、求人率や収入面など様々な違いがあります。地域ごとの転職状況をご紹介します。

北海道への転職の場合、北海道の広い大地の中で心地よく仕事をしたいという声もよく聞きますが、実際に北海道に転職を希望するとしても、大手の企業などがあまり進出していません。農作業などといった職種を希望しない限り、就職先を探すのは難しいでしょう。ただし、北海道といっても札幌市であれば、全国の営業所や支社なども集まっているため、比較的転職先を探しやすいといえるでしょう。

沖縄への転職の場合、スキューバダイビングやホテル業などのリゾート産業のイメージがあります。最近では大手企業の支社も増えてきましたので、営業職やITやSEなど様々な分野で求人数が増えてきています。他にも沖縄の転職先としては、日本最長寿の県というだけあって、介護や医療などの分野も急成長を遂げているので、介護マネージャーなどの資格を取ると転職に有利になるケースがあります。

しかし、全国でも失業率トップの県ということも忘れてはいけません。沖縄の企業が転職者に求めているのは、本土で培った経験や高い技術力といったものですので、まずは自分のスキルを十分に磨いたり、転職に有利になる資格を取得してから、転職情報サイトなどを利用して転職先を探してみるといいでしょう。

そうしたことを考えれば、転職先を探すとしたら、やはり東京や千葉、大阪といった大都市のほうが、求人率は圧倒的に多いものです。安定した企業を求めるのであれば、東京の他にも横浜や千葉、埼玉、神奈川なども大手企業の本社がありますから、これらの地域で探すのもよいかもしれません。

ラベル:転職
【関連する記事】
posted by 紋門堂 at 23:00| 転職の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。